• 失明した私でも、努力で道が開ける!

    このエントリーをはてなブックマークに追加
     

    逆境・スランプ,隔月「ザ・伝道」

  • 同じテーマの記事

    東大合格!――慢心を捨て勉強に励むことができた

    東大合格!――慢心を捨て勉強に励むことができた

    この記事は毎月発刊の機関誌「ヤング・ブッダ」第22号より転載し、編集を加えたものです。 現役合格は間違いなしとみんなが思っていたのに 「やっぱり、ない……」 何度見ても、私の受験番号はありません。私はショックで頭の中が真…

  • 同じテーマの記事

    倒産からの復活――新しく立ち上げた会社で売上げ倍増

    倒産からの復活――新しく立ち上げた会社で売上げ倍増

    この記事は毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第239号より転載し、編集を加えたものです。 「これで、倒産だ」 2001年のはじめ、私は一大決心して起業を決意しました。 そして、折からのエコロジーブームに乗り、環境保全機器…

  • 同じテーマの記事

    受験失敗を乗り越えて――不動心で孤独に打ち勝ち勉強に打ち込めた

    受験失敗を乗り越えて――不動心で孤独に打ち勝ち勉強に打ち込めた

    この記事は毎月発刊の機関誌「ヤング・ブッダ」第37号より転載し、編集を加えたものです。 志望校に合格できず浪人が決まる 大学受験で、志望校「不合格」という現実に直面しました。地元の公立校では成績上位でしたが、合格ラインに…

  • 同じテーマの記事

    ドラッグをやり刑務所に入ったことのある私も「仏の子」と知って――

    ドラッグをやり刑務所に入ったことのある私も「仏の子」と知って――

    この記事は毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第243号より転載し、編集を加えたものです。 ドラッグを使い現実逃避 私が8歳の頃、両親が離婚。父はアルコール依存症で、ギャンブルやドラックにはまっていました。 両親の離婚後、…

  • 同じテーマの記事

    どん底のやる気を盛り返して第一志望の大学に合格!

    どん底のやる気を盛り返して第一志望の大学に合格!

    この記事は毎月発刊の機関誌月刊「ヤング・ブッダ」第30号より転載し、編集を加えたものです。 どん底まで落ちたやる気 僕は、浪人の1年間を経て、晴れて第一志望の国立大学に合格することができました。でも、浪人が決まった時は、…

  • 同じテーマの記事

    「目が見えなくても、人生に光を見つけた」

    「目が見えなくても、人生に光を見つけた」

    この記事は隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第125号より転載し、編集を加えたものです。 見えることのない目 私は、生まれた時から目が見えません。 生まれつき目に障害があって、右目にわずかな光を感じるだけで、左目は何も見えませ…

  • 同じテーマの記事

    倒産の危機を救った祈願と研修――売上げが5倍に!

    倒産の危機を救った祈願と研修――売上げが5倍に!

    この記事は、毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第326号より転載し、編集を加えたものです。 突然担った経営で、倒産の危機に直面 「いかん。このままじゃあ倒産だ……」 それは、宮大工の棟梁となり、工務所の経営を担うことにな…

  • 同じテーマの記事

    アルコール依存症、幻聴から人生立て直すことができた

    アルコール依存症、幻聴から人生立て直すことができた

    この記事は、隔月発刊の機関誌「ザ・伝道」第129号より転載し、編集を加えたものです。 アルコール依存症 「Tくん……君、アル中やで」 今から10年以上前のことです。ある日、職場の同僚がしんみりとした口調で忠告してくれまし…

  • 同じテーマの記事

    借金経営の苦しみから解放された!不動産への執着を離れて

    借金経営の苦しみから解放された!不動産への執着を離れて

    この記事は、毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第225号より転載し、編集を加えたものです。 売上半減に直面して 「さすがに、これはまずい」 本業である花卉(かき)市場会社の役員をしながら、同時にオフィスビルのオーナーでも…

  • 同じテーマの記事

    キリスト教、共産主義を経て幸福の科学に!聴覚障害、ろうあ者として生きて

    キリスト教、共産主義を経て幸福の科学に!聴覚障害、ろうあ者として生きて

    この記事は、毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第254号より転載し、編集を加えたものです。 人生の問題集を乗り越えて 生まれつきの聴覚障害をもったKさん。ろうあ演劇で出会った青年・Nさんと、二人三脚で仏法真理を学んでいく…

  • 同じテーマの記事

    怒りの心を反省し、再就職に成功!

    怒りの心を反省し、再就職に成功!

    この記事は、毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第248号より転載し、編集を加えたものです。 人生を立て直したい 自分の人生、このままでいいんだろうかーー。40歳を過ぎるころ、私はそんなことを考えるようになりました。親との…

  • 同じテーマの記事

    「与える愛の実践」でスランプを脱出できた!

    「与える愛の実践」でスランプを脱出できた!

    この記事は、毎月発刊の機関誌月刊「幸福の科学」第223号より転載し、編集を加えたものです。 数年前、大学を卒業した私は、さらに服飾デザインの勉強がしたくて、故郷の九州を離れ、大阪の専門学校に通い始めました。はじめはコンテ…

  • 同じテーマの記事

    心の傷と主人の鬱(ウツ)を乗り越えて

    心の傷と主人の鬱(ウツ)を乗り越えて

    トップの表示をコンテンツとしてそのままタグを出すか、このように抜粋機能を利用して誘導するか。後者がおすすめ。

  • 同じテーマの記事

    奇跡の雲水修行で鬱(ウツ)から脱出!

    奇跡の雲水修行で鬱(ウツ)から脱出!

    この記事は、月刊「幸福の科学」第249号より転載し、編集を加えたものです。 重度の鬱(ウツ)病と診断されて  私は、11年にわたり、鬱(ウツ)病を患いました。発病したのは40歳の時。大手証券会社を辞め、キャリアアップのた…

  • 同じテーマの記事

    自殺を考える鬱(ウツ)の日々から抜け出して

    自殺を考える鬱(ウツ)の日々から抜け出して

    この記事は、隔月発刊の「ザ・伝道」第147号より転載し、編集を加えたものです。  どうしても起き上がれない、生きていたくない……。ある朝、突然ウツになり、ひきこもるようになった私。7年にわたる泥沼の苦しみに沈んでいた私の…

  • 同じテーマの記事

    いじめに負けない! 幸福の科学の教えを信じて耐え抜いた娘

    いじめに負けない! 幸福の科学の教えを信じて耐え抜いた娘

    この記事は、月刊「ヘルメス・エンゼルズ」第133号より転載し、編集を加えたものです。 駅の駐輪場での出来事  娘のTがいじめに遭っていると私が知ったのは、最初のいじめがあってから半年も経った頃でした。その間、娘は一人でい…

  • 同じテーマの記事

    重度の障害を持つ息子と過ごした20年

    重度の障害を持つ息子と過ごした20年

    この記事は、隔月発刊の「ザ・伝道」第175号より転載し、編集を加えたものです。 太志が居た場所 豊かな自然が広がる埼玉県某市の閑静な住宅街に、我が家はあります。 そのリビングルームのテレビの前が、太志の“定位置”でした。…

  • 同じテーマの記事

    不登校の経験は、かけがえのない宝物。

    不登校の経験は、かけがえのない宝物。

    この記事は、毎月発刊の「ヤング・ブッダ」第19号より転載し、編集を加えたものです。 みんなの前で叱られたショック 「何で宿題をやってこなかったの」 小学5年の2学期の初めごろ、私は夏休みの宿題を出せず、クラスのみんなの前…

  • 同じテーマの記事

    自殺遺児の方々へ 父と母を焼身自殺で失って

    自殺遺児の方々へ 父と母を焼身自殺で失って

    11歳の頃に体験した母の自殺 母が焼身自殺したとき、私は11歳でした。 寝床で眠りにつこうとしたときに、窓の外に火柱が立ったのです。 あわてて外に飛び出すと、すでに手遅れでした。 そのときのショックは、その後の私の人生に…

  • 同じテーマの記事

    18年間恨み続けた父を許した時

    18年間恨み続けた父を許した時

    この記事は、毎月発刊の月刊「幸福の科学」第217号より転載し、編集を加えたものです。 眠れない日々 「つらい……。死にたい……」 2002年12月、看護師として3つ目の病院に移った私は、ひどい鬱(うつ)状態になりました。…

  • 同じテーマの記事

    意味があるから、命を与えられている

    なんのために生きているんだろう……? 私が幸福の科学に出会ったのは、かれこれもう20年以上前の高校生の時になりますが、当時は、自分の人生って何だろうと考える年頃でした。 いくら勉強しても、「何のために生きているのか」はわ…

  • 同じテーマの記事

    会社大発展で、無限の富と豊かさを!

    会社大発展で、無限の富と豊かさを!

    新しい生活、仏法真理との出会い 私と主人が結婚したのは、主人が24歳、私が23歳のときのことです。同じ地質調査の会社で、彼は、地質調査の技術者、私はデータ処理などの仕事をしていました。 結婚後は子宝にも恵まれ、「パパ、行…

  • 同じテーマの記事

    信仰の持つ力

    信仰の持つ力

    幸福の科学に出会ったきっかけ 数年前、九州の地元でお店をもって働いていました。 しかしある時から精神的に落ち込み、体に不調はないものの、全く外に出れなくなってしまいました。「本当の友情や愛は、どこでだれが教えてくれるんだ…

  • 同じテーマの記事

    人生を肯定的に捉えられるようになった

    私は、病気で働けません。 でも、大川隆法総裁先生の「障害者は姿を変えた観世音菩薩」という教えを学び、暗く苦しいと思っていた人生から、「生きているだけ、笑顔をつくれるだけで幸せ」と思えるようになりました。 家族からは、「思…

  • 同じテーマの記事

    正しい心で祈れば願いは叶う!

    正しい心で祈れば願いは叶う!

    2012 Happy Science 日本語スピーチコンテストの様子。5,6年前に来日された、ネパール出身のバッタ・ニルマラさん。スピーチのタイトルは「私の夢とハッピー・サイエンス」。 皆さん、こんにちは。私はバッタ・ニ…

  • 同じテーマの記事

    不登校を乗り越えて

    不登校を乗り越えて

    自分が不登校になった理由は、小学校~中学校のイジメが原因でした。 当時の心の状態は、不幸を愛している傾向にありました。 常に自分が悲劇の主人公の様にしており、自己イメージも相当低く、毎日が本当に辛かったです。 しかしある…

  • 同じテーマの記事

    悩まなくなった!

    悩まなくなった!

    私は20代前半までは、とても悩みやすく、傷つきやすい人間でした。しかし、そんな自分を変えたくて、幸福の科学で説かれている“光明思想”という考え方を学ぶことにしました。 あるとき、悩みの渦の中にいる時、ふと気づくことがあり…

  • 同じテーマの記事

    「人生は一冊の問題集」という考え方

    私は高校の時、失恋しました。 周りからの冷ややかな視線にも耐えながら、半ば悶々と悩む日々が続きました。 ある時、知り合いのおばちゃんから『常勝思考』という大川隆法さんの本を勧められ、何気なく読んでいました。 すると「人間…

  • 同じテーマの記事

    この人は仏陀だ! と涙が止まらなかった

    この人は仏陀だ! と涙が止まらなかった

    ギターの先生がしてくれた心の話 私が幸福の科学と出会ったきっかけは、高校1年生の時に母に頼みこんで習い始めたギタースクールでした。 先生が熱心な幸福の科学の信者だったのです。 先生は、レッスンのはじめ10分ほどは、あの世…

  • 同じテーマの記事

    「信じたい」から信じている

    幸福の科学との出会い 私が幼稚園の頃から、母は幸福の科学の会員でした。 小さいころはよく幸福の科学の支部へ遊びに行って、お友達と遊んだり、お手伝いをしたり、一人でマンガを読んだりしていました。 しかし、小学校・中学校と成…

  • 同じテーマの記事

    3度の倒産にも負けない成功への情熱

    3度の倒産にも負けない成功への情熱

    この動画をダウンロードし、別チャンネル・サイトでアップロードすることはお控えください。 ウェブサイトなどでご紹介される際はURL(http://youtu.be/Xkqo8WTQsys)をお使いください。 この動画は、バ…

  • 同じテーマの記事

    力強く慈悲にあふれた自己責任の教え

    幸福の科学では特徴的な教えがいくつかありますが、私はそのひとつが自己責任の教えだと思います。 私が本格的に幸福の科学の教えを学びはじめたのは大学生のとき。 最初、幸福の科学の職員さんに「自分の幸不幸は基本的に自己責任だ」…

  • 同じテーマの記事

    この人に出会えてよかった!

    活動をはじめた大学生時代、「幸福の科学って本当にすごいな」と心の底から熱いものを感じたのは、ある幸福の科学職員さんと面と向かってお話しをした時でした。 その職員さんは、ご自分の学生時代のご経験についてお話してくださいまし…

  • 同じテーマの記事

    私は、信仰心で変わった

    自分が不登校になった時は、自律神経の病気で、家の周りを歩くのも困難でした。 その時の心の中は、常に不安や恐怖心、自己憐憫(じこれんびん)などがいっぱいで、いつも最悪な自分をイメージしていて、何かやろうという意欲は、全く起…